トップメッセージ トップメッセージ

お客様目線を持ち続けることが信頼関係を築いていくコツ。 お客様目線を持ち続けることが信頼関係を築いていくコツ。

化学の可能性を追求し
絶えず新しい価値を未来へとつなげていきます。

コニシグループの歩みは、1870年の薬種商から始まります。その後、洋酒や工業用薬品の販売へと事業を拡大し、1952年には合成接着剤「ボンド」を開発するなど、お客様の願い、社会の要望にお応えしながら「化学」を扱う企業へと変化し、2020年に創業150年を迎えることとなりました。現在は、創業からの問屋業の流れを受け継ぎ化学品などを扱う専門商社としての「化成品事業」と、合成接着剤などを製造・販売するメーカーとしての「ボンド事業」、そして関係会社を中心に展開する社会インフラおよび建築ストック市場の維持・補修・改修を目的とした「土木建設事業」を、ボンド、化成品に次ぐ第3の柱として、更なる事業展開を図っています。
コニシグループの使命は、「誠実な行動とチャレンジ精神で、多様な「つなげる」にこだわり、新たな価値を創造することで、関わる全ての人々に安心と笑顔を提供する」ことです。この使命のもとコニシグループは、時代の求める製品・サービスの提供を通してすべてのステークホルダーに信頼される企業になることをこれからも追求し、さらに快適な明日の暮らしに貢献していきたいと願っています。

様々な個性があっていい。
「やってやろう!」の意気の人を求めます。

私たちは変化していかねばなりません。
その原動力となるのは、全社員の「やってやろう!」という気持ちです。現状に慣れてしまい、改善提案もなくただ漫然と働いているのでは、会社にとっても本人にとってもいい状態とは言えません。常に自分で考え行動し、各々の個性を活かして果敢にチャレンジして欲しいと思います。企業理念に共感し同じ目標に向かっているのなら、一直線でも遠回りでも構いません。様々な軌跡を描く社員の個性を受け入れる、包容力のある企業でありたいと考えています。
そして、目標達成のために「いい仕事をするぞ!」という気持ちに溢れている、明るくも緊張感のある職場を目指していきます。そのような職場は、素直な気持ちで人の意見に耳を傾けられる柔軟な人、またその上で自分の意見を持ち自分自身を見失わない強靱な人によって作られます。私はそのような人たちと力を集約し、これから先も社会から必要とされる会社にしていきたい。それを担うのは現場の社員とあなた自身です。 さあ、私たちと一緒に明日のコニシをつくりませんか?

代表取締役社長
大山 啓一 大山 啓一

PAGE TOP
リクナビ
エントリー
マイナビ
エントリー
PAGE TOP