レシピ

縫わずに手作り!内袋付きトートバッグの作り方

★内袋付きトートバッグを作る前に

[用意するもの]

  • □裁ほう上手®
  • ※接着する生地の両方の面に塗ってください。
  • ※接着剤の塗布量不足によりはがれる場合があります。染み出しに注意しながらしっかりと塗ってください。
  • □布①…表布 約90cm×約41cm
  • □布②…内布 約89cm×約40cm
  • □布③…持ち手 約63cm×約10cm×2枚
  • □布用ハサミ
  • □アイロン
  • □アイロン台
  • □あて布
  • □印付けペン

[出来上がり寸法]

タテ約36cm×ヨコ約38cm(底面:10cm/持ち手部分:54cm)

[注意点]

  • □接着剤がはみ出した部分は白くなることがありますので、黒などの濃い色の生地はご注意ください。

内袋付きトートバッグの作り方

  • 接着剤を塗る所

  • 作り方のなかにでてくる数字の単位はすべて「cm」です

  • アイロンで折り目をつける

  • あて布をしてアイロンの中温(140~160℃)で圧着する

  1. 1 布を裁断します

    本体(1枚)・・・90×41cm
    持ち手(2枚)・・・63×10cm

  2. 2 持ち手を作ります

    12つに折り、アイロンで折り目をつけます。

    2一旦開き、❶でつけた折り目を中心に2つに折り、アイロンでさらに折り目をつけます。

    3しっかりと折り目がついたら開き、接着剤を塗ります。

    4もう一度、❷と同様に中心に向かって折り、アイロンで圧着します。

    5さらに接着剤を塗り、❶でつけた折り目を中心に2つ折りにし、アイロンで圧着します。

  3. 3 内袋を作ります

    1真ん中で半分に折り両サイドを1.5cmずつ同方向へ折り目をつけます。

    2両方の角を三角形にカットし、1枚ずつ同じ方向に貼りつけ袋の形にします。

  4. 4 本体に内袋を貼り合わせます

    1❸の内袋の両端に1.5cm幅で接着剤を塗り表布の裏面に貼りつけます。のりしろB(端から1.5cm)を折り、アイロンで折り目をつけます。

    2アイロンで折り目をつけたのりしろBの表側部分に接着剤をヘラで均一に塗り、本体を2つ折りにし、アイロンで圧着します。のりしろAの端から1.5cm幅で接着剤を塗り内袋と本体の口部も貼りつけます。

  5. 5 持ち手を本体に接着します

    1持ち手を本体の表面に接着します。まずは接着する位置をあわせましょう。

    2折り目をつけた青線(1.5cm)まで接着剤を塗り、持ち手を本体に固定します。

    3アイロンで圧着します。残りの3ヶ所も同様に接着します。

  6. 6 本体の袋口を3つ折りにします

    1本体内側、のりしろAの折り目をつけた青線(1.5cm)までの部分に接着剤を塗ります。

    2青線の位置で内側に折り込み、アイロンで圧着します。

    3❷で圧着した箇所の上部から折り目をつけた赤線(1.5cm)まで接着剤を塗ります。

    4最後に赤線の位置で内側に折り込み、アイロンで圧着します。

  7. 7 持ち手を出します

    1持ち手と本体が接する箇所に接着剤を塗ります。

    2持ち手を上に返して、アイロンで圧着します。
    残りの箇所も同様に接着します。

  8. 8 マチ(底部分)を作ります

    内側に引張ってアイロンで形を整えてから接着剤を塗り貼りつけます。

  9. できあがり!
    できあがり!

    ☆外出時のサブバッグとして!
    ☆リボンなどでアレンジしてもかわいいよ!