レシピ

縫わずに手作り!ペットボトルケースの作り方

★ペットボトルケースを作る前に

[用意するもの]

  • □接着剤…ボンド 裁ほう上手®
  • □生地…木綿(もめん)の布(ぬの)1枚(たて20cm、横24cm)
  • □アクリルテープ…約90cm
  • □リボン…約90cm
  • ※持ち手を長くしたい場合は、アクリルテープとリボンは長めに用意しよう。
    アクリルテープとリボンは、アイロンをかけるなどして、まっすぐにのばしておこう。
  • □目の部品…2つ
  • □フェルト
  • □フェルトのボールなど…1つ(直径約2cm)
  • □ペットボトルホルダーをぶら下げる金具(カラビナなど)
  • □用具…定規(じょうぎ)、えんぴつ(やわらかめ)、布切りばさみ、アイロン、アイロン台、あて布(ハンカチなど)、せんたくばさみなど

ペットボトルケースの作り方

  1. 1 図のように、布に、定規を使って
    えんぴつで下書きをする

    のりしろは、すべて1cmのはばにする。

  2. 2 アの部分に、
    「ボンド 裁ほう上手®」をぬる

    線からはみ出さないように、ヘラできれいにぬろう。そして、線で折り、上からハンカチなどをあててアイロンをかければ、しっかりくっつくよ。アイロンの温度は、中温(140~160度 : ドライ)にしてね。

  3. 3 アクリルテープの上に、「ボンド 裁ほう上手®」でリボンをつける

    つけた後は、同じようにしてアイロンをかける。さらに、そのテープを、「ボンド 裁ほう上手®」で布の折った部分につけてアイロンをかける。テープは布に合わせて切っておこう。残ったテープは、ペットボトルホルダーの持ち手の部分に使うよ。

    「ボンド 裁ほう上手®」は、いっぺんにつけず、10cmくらいずつつけていこう。

    ★作業のポイント

    ヘラを上手に使おう!

  4. 4 イの部分に「ボンド 裁ほう上手®」を
    ぬり、ウの部分につける

    そして、アイロンをかける。

  5. 5 ペットボトルホルダーの
    そこの部分を作る

    エの部分に「ボンド 裁ほう上手®」をぬって、そこの部分をつける。

    「ボンド 裁ほう上手®」をぬるたびに、アイロンをかけよう。

  6. 6 布を広げて、①でつけた部分を横に折る。
  7. 7 「ボンド 裁ほう上手®」ではり合わせる

    折ったオの部分を「ボンド 裁ほう上手®」ではり合わせ、はみ出した布は切る。

  8. 8 「ボンド 裁ほう上手®」をぬり、折る。

    しゃ線部分に「ボンド 裁ほう上手®」をぬり、内側に折る。

  9. 9 せんたくばさみでとめておく。
  10. 10 図のように、リボンをつけた
    アクリルテープに印をつける。

    テープを、はじめは布のそこの部分、次に横の部分という順に「ボンド 裁ほう上手®」でつけていく。それぞれ、アイロンをかけておこう。
    また、ペットボトルホルダーをぶら下げることができる「カラビナ」があれば、つけておくと便利だよ。

  11. 11 フェルトなどで、動物の顔や体となる
    部品を作る。
    できあがり!

    布に、目、鼻(フェルトのボール)、耳などを、「ボンド 裁ほう上手®」でつければ完成だよ。外で遊ぶときや、旅行のときなど、かばんにつけて持ち歩くといいね。好きな動物のペットボトルホルダーを作ってみよう。