つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

施工手順

下地処理

○下地劣化部の補修
必要に応じて、ひび割れ・浮き・欠損部などの補修を行う。

ひび割れ0.2mm~「ボンド シリンダー工法」等

浮き0.25㎡以上に対して「ボンドピンニング工法® 」(4本/㎡)

「ボンド CPアンカーピン工法」(4本/㎡)

○高圧水洗浄(15MPa以上)
高圧洗浄機を用いて下地を洗浄する。
※必要に応じて希塩酸洗浄する。洗剤は、よく洗い流す事。(残っていると付着不良や白濁等の原因となる。)
※洗浄後、目地は充分に乾燥させる。

目地詰め

目地深さが3mm以上、目地部に欠損がある場合は目地詰めを行い、目地深さを3mm未満とする。

目地詰め後は、目地モルタルの硬化前に、スポンジ等を用いてタイル表面のモルタルを拭き取る。

翌日、ブラシ等を用いて清水若しくは希塩酸にてタイル表面に残った目地モルタルを洗浄する。

アンカーピン施工

アンカーピン施工位置はタイル中央部とする
マーキング
側壁は4本/㎡以上、パラペット天端は6本/㎡以上。
ドリル穿孔
無振動ドリル(径5mm)を用いて所定の深さまで穿孔する。
穿孔深さはアンカーピン長さ+5mmで躯体に25mm以上挿入できること。
座掘り
アンカーピンの径に合わせた座掘り(径6.5mm)を行う。
CPアンカーピン施工
「ボンド CPアンカーピンE550又はE570」を挿入し、拡張子を打ち込み棒で打ち込みコンクリート躯体に固定する。
樹脂注入
アンカーピン頭頂部から「ボンド E208」または「ボンド E209」を注入する。 ●1穴あたりの注入量
浮きのある場合…30g/穴
浮きのない場合…CPアンカーピンE550 1.5g/穴
CPアンカーピンE570 2.0g/穴
CPキャップ施工
アンカーピン頭部に「ボンド CPキャップ」を装着する。

プライマー塗布

(ボンド クリアプライマー:1kg/ 缶)

成分が沈降している場合があるため、使用前に缶をよく振ってから使用すること。中毛ローラーを用い、目地部に確実に塗布されるよう施工する。

■標準塗布量 : 0.1~0.15kg/㎡

中塗り塗布①

(ボンド アクアバインドZ:16kg/ 缶)

中毛(無泡)ローラー(専用ローラー:大塚刷毛製造(株)製「WAKABA」)を用いて、タイル面、目地部に対して塗り残しのないよう塗布する。

■標準塗布量 : 0.3~0.35kg/㎡

中塗り塗布②

(ボンド アクアバインドZ:16kg/ 缶)

施工前に中塗り1 回目が充分に乾燥していることを確認する。
中塗り1 回目と同様の手順で「ボンド アクアバインドZ」を全面に塗布する。

■標準塗布量 : 0.3kg/㎡

中塗り塗布③

(ボンド アクアバインドZ:16kg/ 缶)

中塗り2回目と同様の手順で「ボンド アクアバインドZ」を全面に塗布し、直ちに砂骨ローラー(標準目)を用いてパターン付けを行う。

※塗布した中塗りの乾燥が進むと、砂骨ローラーでのパターン付けが困難となるため、中塗り3回目塗布後10 分以内に砂骨ローラーによるパターン付けを行うこと。

■標準塗布量 : 0.3kg/㎡

膜厚検査

●トップコート施工前に専用膜厚計を用い膜厚を測定する。
●測定は「ボンド CPキャップ」頭部にて行い、膜厚が確保できていることを確認する。

剥落防止性能は中塗り材(ボンド アクアバインドZ)の膜厚に依存します。「ボンド アクアバインド工法」は専用の膜厚計により膜厚を測定することで剥落防止性能を有する膜厚の確認ができます。

膜厚判断基準

平均値が250μm以上かつ最低値が200μm以上であること。

トップコート施工①②

(ボンド クリアトップコート:15kgセット)

施工前に気温、湿度、中塗りが充分に乾燥していることを確認する。
※トップコート施工は、必ず中塗り3 回目の施工翌日以降とする。
(中塗りの乾燥が充分でない場合、リフティングが生じる)

主剤缶は、つや消し剤が沈降している場合があるため缶の天を切ってヘラ・ミキサー等を用いて充分に混合し均一になったことを確認してから硬化剤と混合すること。

「ボンド クリアトップコート」の主剤、硬化剤をヘラ等を用いて均一になるまで充分に混合攪拌する。

中毛ローラーを用い、ムラ無く塗布する。

トップコート1回目の施工翌日以降に、表面が充分に乾燥していることを確認し、1回目と同様の手順でトップコート2回目を塗布する。

■標準塗布量 : 0.06~0.075kg/㎡ ×2回

各塗り継ぎ時間は季節によって異なりますので「使用材料の塗り継ぎ目安時間」を参照してください。

使用材料の塗り継ぎ目安時間

工程 5℃ 10℃ 15℃ 20℃ 25℃ 30℃ 35℃
穿 孔 直 後~
アンカーピン打設 直 後~
エポキシ樹脂注入 翌日以降
プライマー 4時間~8時間 2時間~8時間 1時間~8時間
中塗り1回目 翌日~7日以内 4時間~7日以内
中塗り2回目 翌日~7日以内 4時間~7日以内
中塗り3回目 翌日~7日以内
トップコート1回目 翌日~7日以内
トップコート2回目

表は横にスクロールしてご覧戴けます。

注意事項
注意事項
  • ○タイルにより仕上がりの風合いが変わることがあります。
  • ○タイル目地の意匠性は既存と異なります。
  • ○斜壁は適用外のため、「ボンド カーボピンネット工法」等の別工法を検討してください。
  • ○「ボンド クリアプライマー」は開封後速やかに使い切り、開封状態で放置しないでください。
  • ○「ボンド アクアバインドZ」を、多湿環境下で塗布した場合、塗膜のワレやリフティング、白化が起きるため、雨天時・施工後の降雨が予想される場合は絶対に施工しないでください。
  • ○「ボンド アクアバインドZ」はコテ等を用いて厚く塗布した場合、塗膜のワレが生じる可能性があるため、必ず専用ローラーで施工してください。
  • ○「ボンド クリアトップコート」の主剤・硬化剤計量後は放置せずに直ちに混合攪拌を行ってください。
  • ○必ずトップコート施工前に、膜厚計を用いて膜厚を測定してください。
  • ○原則として5℃以上の環境で施工してください。
  • ○背面水の影響により白濁することがあります。

※改良のため性状、性能を変更する場合があります。予めご了承くださいますようお願いいたします。
(記載の性状等は2017年5月現在のものです。不明の点はお問い合わせ願います。)

※国際単位系(SI)による数値の換算は、1kgf=9.8N、1cP=1mPa・s、1kgf・cm=9.8×10 -2J、1MPa=1N/mm2です。 1N/mm2は約10.2kgf/cm2に相当します。

本資料の技術情報、標準処方例は当社の試験、研究に基づいたもので、信頼しうるものと考えますが、記載の諸性能および諸特性などは、材料や使用条件などにより本資料と異なる結果を生ずることがあります。実際の諸性能、諸特性などについては、ご需要家各位で試験、研究ならびに検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる