つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

施工仕上がり例

UR都市機構の定める品質判定基準 試験結果一般財団法人ベターリビングでの試験

試験番号 試験項目 試験結果 要求性能※ 判定
1 コンクリート躯体に対する
アンカーピンの引抜き試験
φ4.7mm : 2,985N 1,470N以上 適合
2 複合補修層に対する
アンカーピンの引抜き試験
φ4.7mm : 4,028N 1,470N以上 適合
3 複合補修層の接着強度試験 タイル張り:1.8N/m㎡
仕上げなし:4.3N/m㎡
0.7N/m㎡以上 適合
4 複合改修層の補強効果確認
(面外曲げ)試験
変位30mmまで
破断なし
曲げ荷重が490Nもしくは
変位30mmで破断しないこと
適合
5 温冷繰返しによる耐久性試験 タイル張り:1.9N/m㎡
仕上げなし:3.6N/m㎡
0.5N/m㎡以上 適合

※保全工事共通仕様書 機材及び工法の品質判定基準仕様登録集

表は横にスクロールしてご覧戴けます。

剥落防止性能 確認試験

ボンド アクアバインド工法
押し抜き試験

試験体:コンクリート板(300×300×60mm)、φ100mmコア削孔、陶磁器質50mm角タイル貼り

養 生:試験体に「ボンド アクアバインド工法」を施工し、23℃(50)%条件にて7日養生

試験方法:試験体裏面より5mm/minにて載荷し、載荷変位に伴う剥落防止層の状態を確認

※改良のため性状、性能を変更する場合があります。予めご了承くださいますようお願いいたします。
(記載の性状等は2017年5月現在のものです。不明の点はお問い合わせ願います。)

※国際単位系(SI)による数値の換算は、1kgf=9.8N、1cP=1mPa・s、1kgf・cm=9.8×10 -2J、1MPa=1N/mm2です。 1N/mm2は約10.2kgf/cm2に相当します。

本資料の技術情報、標準処方例は当社の試験、研究に基づいたもので、信頼しうるものと考えますが、記載の諸性能および諸特性などは、材料や使用条件などにより本資料と異なる結果を生ずることがあります。実際の諸性能、諸特性などについては、ご需要家各位で試験、研究ならびに検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる