つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

上下水道施設の補修・補強

1上下水ライニング工法(ボンド A・M工法 ボンド P・M工法)

ボンド アクアメンテ工法(ボンド A・M工法)

コンクリート防食及び貯留水の水質保持を目的とした無溶剤エポキシ樹脂ライニング工法。
水道施設の技術的基準を定める省令(厚生省令第15号)及びJWWA K 143-2004(日本水道協会規格)に適合する工法。

ボンド プロテクトメンテ工法(ボンド P・M工法)

下水道処理施設、廃液処理層、貯留層などの防食ライニング工法。
日本下水道事業団『下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル』の品質規格に適合する工法。
※下水道事業団関連工事においては専門技術者の資格を要する。
農業集落排水施設のコンクリート防食設計・施工の手引き適合工法。

2あと施工アンカー工法(ボンド アンカー工法)

コンクリートピットの増設壁補強などを行う際のアンカーの定着をエポキシ樹脂で行う工法。
水質に関わる基準である厚生省令第15号浸出性試験に合格した材料もラインナップ。

3連続繊維シート補強工法(ボンド 連続繊維シート補強工法)

コンクリートピットの梁、柱、天井などの耐震補強を行う工法。連続繊維(炭素繊維、アラミド繊維)をエポキシ樹脂で含浸、積層することで鋼板補強と同等以上の補強効果を発揮します。

4鋼板接着工法

ボルトで固定した補強鋼板とコンクリートの間隙にエポキシ樹脂を注入接着し耐力を増強する工法。
水質に関わる基準である厚生省令第15号浸出性試験に合格した材料もラインナップ。

5下水用シーリング材(ボンド シリコンコーク)

防食ライニング端部処理に使用するシーリング材。
日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル 端部処理に用いるシーリング材の品質規格」に適合。

6コンクリート打継用プライマー(ボンド E200 ボンド E1200)

増厚壁や嵩上げを行う際、新旧コンクリートを一体化するために使用するエポキシ樹脂系接着剤。

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる