つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

外壁タイルの落下防止工法

ボンド アクアバインド®工法

「ボンド アクアバインド®工法」は、壁面全体をタイル中央部から施工されたステンレスアンカーピンでコンクリート躯体に固定し1液型水性ウレタン樹脂で一体化することにより、将来に渡って外壁タイルの剥落を防止すると共に、既存タイルの風合いを活かすことが可能な外壁リニューアルシステムです。

ボンド カーボピンネット®工法

「ボンド カーボピンネット®工法」は、外壁タイル・モルタルのはく落を防止し、補強するシステムです。 繊維ネットとカーボンファイバー含有ポリマーセメントで壁面を一体化し、さらにステンレスアンカーピンで躯体に強固に固定することで、新規仕上げとして各種塗装・塗材を施工するのに好適な下地を提供します。
当工法は、工事完成後10年間、第三者に対して最高2億円(免責20万円)までの補償を行います。全体を補償の対象〈第三者賠償責任保険制度〉として、同工法の認定業者が施工した工事について、引き渡し後に発生した第三者に対する賠償事故を補償します(※手直し 費用は対象外となります。本制度は万全の運営を期する為に保険会社と第三者賠償責任保険=PL保険の契約を締結しております。)

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる