つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

耐震補強システム

ボンド 鋼板補強工法

「ボンド 鋼板補強工法」はエポキシ樹脂のもつ優れた接着性能を利用して、補強鋼材を土木構造物のコンクリート床版や桁に接着させる事によって耐力をアップする構造物補強工法です。なお、この技術は橋梁補強だけでなく、コンクリート構造物の梁・柱・床などの補修工事にも応用できます。

ボンド アンカー工法

「ボンド アンカー工法」は、エポキシ樹脂のもつ優れた性能を利用して、コンクリート構造物に簡便に、精度よくアンカーを固定する工法です。土木建築分でのダム・橋梁・護岸・道路・ビル・鉄道などのコンクリート構造物へのアンカー埋込み工事、機械設備分野での工事機械設置・製鉄所の鋼材取付け・諸機械設備台座の据付け工事、鉱業分野での鉱山・その他岩層へのアンカー埋込み工事に。

鉄骨ブレース接着工法

「鉄骨ブレース接着工法」はエポキシ樹脂を用いて枠付き鉄骨ブレースと既存の柱・梁を接着し一体化する工法です。

ボンド 連続繊維シート補強工法

「ボンド 連続繊維シート補強工法」は連続繊維の持つ優れた特性と高性能エポキシ樹脂を組み合わせる事により、優れた補強効果を発揮するコンクリート構造物の補強工法です。炭素繊維やアラミド繊維などの連続繊維シートをエポキシで含浸・積層することで、鋼板補強と同等以上の補強効果を発揮します。従来工法では得られなかった幅広い適用性および施工性、経済性を実現した画期的な補強工法です。

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる