つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

外壁モルタル・タイルの浮きの補修工法

ボンド ピンニング工法®

「ボンド ピンニング工法®」は、外壁の仕上げモルタルに浮きが生じた部分のはく落・はく落を防止する工法です。エポキシ樹脂系注入材とステンレスピンを併用して、躯体と仕上げモルタルの接着を行います。モルタル塗り替え工事と比較して、工期の短縮、工事費の節約になります。

ボンド CPアンカーピン工法

「ボンド CPアンカーピン工法」は、注入口付アンカーピンを使用して、外壁のモルタル層やタイル仕上げ層の浮き部を改修する工法です。アンカーピンとエポキシ樹脂で浮き部をコンクリート躯体に固定するため、安全性に優れた工法です。

タイル張替え工法

「タイル張替え工法」は、タイルのみが浮いている場合などに、外壁タイル用接着 剤を使用し、タイルを張替えます。

ボンド MGアンカーピン工法(コニシベステム工業会連合会会員責任施工)

「ボンド MGアンカーピン工法」は、特殊アンカーピン(MGアンカーピン)を使用して、陶片浮きの発生している外壁タイルをコンクリート躯体に強固に固定し、タイルのはく落を防止する外壁改修工法です。

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる