つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

欠損部・鉄部爆裂部の補修工法

エポキシ樹脂モルタル、ポリマーセメントモルタル充てん工法

鉄筋の発錆などによって、コンクリートがひび割れたり、欠落しそうな部分は、建物の構造上の欠陥となる場合があり、 危険度も高くなります。そのような欠損部・鉄筋爆裂部については、劣化部分をはつり落とし、鉄筋を防錆処理した後 樹脂モルタル(エポキシ樹脂系・ポリマーセメント系)で補修します。

ボンド VP工法

鉄筋コンクリート構造物は、中性化・塩害・アルカリ骨材反応などによって、ひび割れ、断面欠損が生じて劣化する場合があります。鉄筋コンクリートに生じた損傷を放置すれば、更に劣化が進行して鉄筋コンクリート構造物の耐久性低下を招くため、適切な補修方法を選定する必要があります。「ボンド VP工法(バリュー・プロテクト©工法)」は、浸透性塗布含浸材や断面修復材を組み合わせることで、劣化原因に応じた補修工法を提供し、鉄筋コンクリート構造物の耐久性低下を抑制します。

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる