つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

ひび割れの補修工法

Uカットシール充てん工法

「Uカットシール充てん工法」は、コンクリートやモルタルなどのひび割れをダイヤモンド カッターなどで U 字型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充てんする工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにも追従します。

ボンド シリンダー工法®

「ボンド シリンダー工法®」は、コンクリート 構造物のひび割れにエポキシ樹脂を自動的に、低圧・低速で連続注入する工法です。 構造がシンプルで施工性が良く、作業管理 も比較的容易に行うことができ、しかも、 確実な注入効果が得られるため、様々な現場で活躍しています。

ボンド OGS®工法

「ボンド OGS®工法」は、コンクリート構造物などに発生したひび割れ補修工事において、ひび割れに仮止めシールを行わず、直接、弾力性エポキシ樹脂注入材を注入する工法で、主に防水を目的とした注入工法です。

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる