つなぐ発想、つなげる技術、つながる信頼

橋梁・床版の補修・補強

1表面保護工法・はく落防止工法(ボンド KEEPメンテ工法)

コンクリート構造物にエポキシ樹脂などを積層塗布し、各種劣化因子(中性化、塩害、アルカリ骨材反応など)からコンクリート構造物を保護する表面保護工法。「( ボンド KEEPメンテ工法」など)コンクリート構造物からコンクリート片がはく落することにより第三者災害が発生することを未然に防ぐ事を目的とするのがはく落防止工法。(「ボンド KEEPメンテ工法VM-3」など)。
※NETIS登録(SK-110012-A)工法 NEXCO適合工法

2上面増厚工法用プライマー(ボンド E200)

交通荷重の影響により劣化したRC床版や床版上面及び凍結防止剤による劣化が進んでいるコンクリート床版の上面増厚補強工法の際に既存コンクリート床版と打設するSFRC材とをエポキシ樹脂を用いて一体化する工法。
※NEXCO構造物施工管理要領3-12上面増厚工の表3-12-2 接着剤の規格適合

3鋼構造物の鋼板・CFRPあて板接着工法(ボンド E258など)

従来の鋼構造物の補強工法である溶接やボルト接合に替わる鋼板・CFRPなどの補強材を接着剤にて一体化し補強する工法。

4道路舗装表面緊急補修工法(ボンド ロードマットレジン工法)

路面の劣化したアスファルト舗装表面を補修する工法。短時間施工が要求される為、速硬化型エポキシ樹脂モルタルを用い、硬化物の物性は耐衝撃・耐久性に優れる。

5PC鋼棒突出防止工法

PC桁に配置されている横締めPC鋼棒などが、雨水の侵入などによる腐食破断で、PC鋼棒とかぶりコンクリートが落下することにより第三者災害が発生することを未然に防ぐ目的で、帯鋼板とエポキシ樹脂を含浸させたアラミドナイロン繊維で抑える工法。

6土木用シーリング材(ボンド ビルドシールSR)

土木構造物の伸縮目地部用シリコーン系シーリング材

ひとつ前にもどる ページのトップにもどる
ひとつ前にもどる ページのトップにもどる