口から出し入れできる ゆかいなペンケース

2ページ目にすすむ

用意するもの

  • ☆ペンケース
  • ・ファスナー(15cm〜20cm)
  • ・厚手(あつで)の布(ぬの)※ランチョンマットなど厚手のもの(たてと横約20cm、ファスナーよりも少し大きめ)
  • ・アクリルテープ(はば約2cm)
  • ・目玉パーツ  2つ(直径約2cm)
  • ・フェルトのボール 1つ(直径約2cm)
  • ・すきな色のフェルト

  • ・「ボンド 裁ほう上手」2~3本
  • ・はさみ、定規(じょうぎ)、えんぴつ(やわらかめ)、マスキングテープ、新聞紙(下にしいて使うよ)、あて布(ハンカチなど)、アイロン、アイロン台、せんたくばさみなど
  • ※保護者の方へ
    「ボンド 裁ほう上手」で接着させるとき、アイロンを使用します。接着剤の使用方法をご覧になり、アイロンの取扱いには注意してください。

お魚やクラゲのアップリケ イメージ

作り方を印刷する(PDFファイルが開きます)

作り方

用意した布をファスナーの長さに合わせて、正方形に切る。
図のようにはしから1cmのところに定規を使ってえんぴつで下書きをする。

布を正方形に切る

下に新聞紙をしき、線より内側のところにマスキングテープをはって、「ボンド 裁ほう上手」をつける。線からはみ出さないように、ヘラできれいにぬろう。マスキングテープを使うとはみ出さないのでべんりだよ。

マスキングテープをはる

マスキングテープをはがし、1cmの線のところでおりかえす。上からあて布をあててアイロンをかければ、しっかりくっつくよ。アイロンの温度は、中温(140~160度:ドライ)にしてね。布の下に新聞紙をしくと、はみだしたときも安心だよ。

布をあててアイロン

ファスナーの一方に「ボンド 裁ほう上手」をつける。ヘラで外側にむかって「ボンド 裁ほう上手」をならしてから、ファスナーをのせてくっつける。位置が決まったら、アイロンをかけてしっかりくっつける。

ファスナーをのせてくっつける

布を丸めるようにして、反対側も同じようにくっつける。

反対側も同じようにくっつける

うらがえして、ファスナーの上からあて布をあてて、アイロンをかける。うら側からもアイロンをかけてしっかりくっつけよう。

うらがえしてくっつける

表にもどして、両側の開いているところに「ボンド 裁ほう上手」をつける。ヘラでまんべんなくのばしてから、アイロンをかけてしっかりくっつける。

表にもどしてくっつける

図のようにたての長さより、上と下1.5cmずつ長くして、アクリルテープを切る。はしから5mmくらいのところに「ボンド 裁ほう上手」をつけ、丸めるようにアイロンをかけてくっつける。

アクリルテープを切る

(7)でくっつけた部分に(8)で作ったアクリルテープを図のようにのせる。「ボンド 裁ほう上手」をつけて、はさんでかぶせるようにくっつける。

アクリルテープをくっつける

8cmのアクリルテープを2本作る。図のように、輪になるようにくっつける。

持ち手を作る

(10)で作った持ち手に「ボンド 裁ほう上手」をつけてくっつける。ファスナーのあけしめがしやすくなるよ。

持ち手をくっつける

布に、目玉パーツ、鼻(フェルトのボール)などを、「ボンド 裁ほう上手」でつければペンケースの完成だよ。外で遊ぶときや旅行のときなど、おかしや小物を入れるのにもいいね。
フェルトを使ってすきな生き物をモチーフに作ってみよう。

装飾を接着する手順

ページトップへ