動物のペットボトルホルダー

2ページ目にすすむ

用意するもの

  • ・木綿(もめん)の布(ぬの) 1枚(たて20cm、横24cm)
  • ・アクリルテープ (約90cm)
  • ・リボン(約90cm)
  • ※持ち手を長くしたい場合は、アクリルテープとリボンは長めに用意しよう。
    アクリルテープとリボンは、アイロンをかけるなどして、まっすぐにのばしておこう。
  • ・目の部品 2つ
  • ・フェルト
  • ・フェルトのボールなど 1つ(直径約2cm)
  • ・ペットボトルホルダーをぶら下げる金具(カラビナなど)
  • ・ボンド 裁ほう上手
  • ・定規(じょうぎ)、えんぴつ(やわらかめ)、布切りばさみ、アイロン、アイロン台、あて布(ハンカチなど)、せんたくばさみなど
  • ※保護者の方へ
    「ボンド 裁ほう上手」で接着させるとき、アイロンを使用します。接着剤の使用方法をご覧になり、アイロンの取扱いには注意してください。

動物のペットボトルホルダー イメージ

作り方を印刷する(PDFファイルが開きます)

作り方

図のように、布に、定規を使ってえんぴつで下書きをする。

のりしろは、すべて1cmのはばにする。

アの部分に、「ボンド 裁ほう上手」をぬる。線からはみ出さないように、ヘラできれいにぬろう。そして、線で折り、上からハンカチなどをあててアイロンをかければ、しっかりくっつくよ。アイロンの温度は、中温(140~160度:ドライ)にしてね。

アの部分に、「ボンド 裁ほう上手」をぬる。線からはみ出さないように、ヘラできれいにぬろう。そして、線で折り、上からハンカチなどをあててアイロンをかければ、しっかりくっつくよ。アイロンの温度は、中温(140~160度:ドライ)にしてね。

アクリルテープの上に、「ボンド 裁ほう上手」でリボンをつける。つけた後は、同じようにしてアイロンをかける。さらに、そのテープを、「ボンド 裁ほう上手」で布の折った部分につけてアイロンをかける。
テープは布に合わせて切っておこう。残ったテープは、ペットボトルホルダーの持ち手の部分に使うよ。

「ボンド 裁ほう上手」は、いっぺんにつけず、10cmくらいずつつけていこう。のりしろの部分はあけておく。作業のポイント ヘラを上手に使おう! 接着剤をぬる場所により、ヘラの広いほうと、せまいほうを使い分けよう。接着剤がついているときは、えんぴつなどにたてかけておこう。接着剤は、かわいたらはがしておく。

ページトップへ