お散歩(さんぽ)モーターロボット

2ページ目にすすむ

用意するもの

  • ・プラスチックのコップ
  • ・カップめんの容器(ようき)
  • ・赤と黄色の豆電球(2.5V)
  • ※色のついていない豆電球でもいいよ。
  • ・導線(どうせん)つきソケット 2つ
  • ・導線
  • ・かん電池(単3) 4本
  • ・スイッチつき かん電池用電池ボックス
  • (単3・2本用) 2つ
  • ・モーター(1.5V用) 2つ
  • ・ビニルテープ
  • ・銀色のスプレー塗料(とりょう)
  • ※発泡(はっぽう)スチロールやプラスチックに使用できるスプレーを用意しよう。
  • ・曲がるストロー
  • ・ペットボトルのふた、ボタン、プラスチックのフォークなど
  • ・色画用紙、牛乳(ぎゅうにゅう)パック、スパンコール、ビーズなど
  • ・ボンド 木工用
  • ・ボンド ウルトラ多用途 S・U クリヤー
  • ・ボンド アロンアルフアEXTRA速効多用途
  • ・目打ち、リサイクルはさみ
  • (または、プラスチックのコップやペットボトルが切れるはさみ)
  • ・油性(ゆせい)ペン、両面テープ、ダンボール箱

お散歩(さんぽ)モーターロボット イメージ

作り方を印刷する(PDFファイルが開きます)

※はさみや目打ちなどを使うときは、気をつけてね。接着剤(せっちゃくざい)は、説明書をよく読んでから使おう。

作り方

1.ロボットの頭とからだを作る

プラスチックのコップに、ロボットの目となる豆電球ソケットを入れる穴を2つ開ける。
まず、目をつけたい場所を決めたら、コップの内側にソケットをあて、油性ペンでソケットの穴の大きさをうつす。そして、目打ちなどで穴を開けてから、線の内側をはさみで切り取ろう。

プラスチックのコップに、ロボットの目となる豆電球ソケットを入れる穴を2つ開ける。まず、目をつけたい場所を決めたら、コップの内側にソケットをあて、油性ペンでソケットの穴の大きさをうつす。そして、目打ちなどで穴を開けてから、線の内側をはさみで切り取ろう。

カップめんの容器に、ペットボトルのふたやボタンなどを「ボンド ウルトラ多用途 S・U クリヤー」でつけて、からだをかざる。また、手はプラスチックのフォーク、しっぽはストローを使い、「ボンド ウルトラ多用途 S・U クリヤー」でつける。

カップめんの容器に、ペットボトルのふたやボタンなどを「ボンド ウルトラ多用途 S・U クリヤー」でつけて、からだをかざる。また、手はプラスチックのフォーク、しっぽはストローを使い、「ボンド ウルトラ多用途 S・U クリヤー」でつける。

接着剤がかわいたら、プラスチックのコップとカップめんの容器に、銀色のスプレー塗料をかける。このとき、まわりをよごさないためにダンボール箱に入れて、容器がスプレーで飛ばないように両面テープで固定してからスプレーをかけよう。そして、風通しのよい場所に置き、1時間くらいかわかしておく。

接着剤がかわいたら、プラスチックのコップとカップめんの容器に、銀色のスプレー塗料をかける。このとき、まわりをよごさないためにダンボール箱に入れて、容器がスプレーで飛ばないように両面テープで固定してからスプレーをかけよう。そして、風通しのよい場所に置き、1時間くらいかわかしておく。

ページトップへ