ペットボトルで作る 魚のちょうちん

2ページ目にすすむ

用意するもの

  • ・同じ形のペットボトル 2つ
    (横に線が入った、1.5~2リットル入りの大きなものを用意しよう。)
  • ・ペットボトルの表面にはる紙(お花紙、ペーパーナプキンなど)
  • ・豆電球 1つ、導線(どうせん)つきソケット 1つ、かん電池(単3) 1本、かん電池ボックス 1つ
  • ・ボンド 木工用(50g) 2~3つ
    または、ボンド 木工用(180g) 1つ
  • ・ボンド ウルトラ多用途S・Uクリヤー
  • ・ボンド アロンアルフアEXTRA速効多用途
  • ・紙ねんど、糸、セロハンテープ、両面テープ
  • ・ペットボトルが切れるはさみ、目打ち(大きなくぎや、ねじくぎなどでもいいよ。)
  • ・大きめの平たい筆、空きビン、新聞紙、大きめのスチロール皿

※はさみや目打ちなどを使うときは、気をつけてね。接着剤(せっちゃくざい)は、説明書をよく読んでから使おう。

ペットボトルで作る 魚のちょうちんイメージ

作り方を印刷する(PDFファイルが開きます)


作り方 ペットボトルで魚を作ろう

1.ペットボトルで、魚のからだやひれを作る

  1. 2つのペットボトルの下のほうを切り分ける。ペットボトルを切るときは、まず、目打ちなどを使って図のように穴を開ける。その穴にはさみをさしこみ、ペットボトルの線にそって切っていこう。

    まず、目打ちなどを使って図のように穴を開ける。その穴にはさみをさしこみ、ペットボトルの線にそって切っていこう

  2. 2つのペットボトルを合体させたら、口と、おびれをつけるところを切り取る。

    口は、正面から見て目の形のように切る

  3. 残ったペットボトルを使って、おびれ、背(せ)びれ、胸(むな)びれなどを作る。ひれの形は、図鑑(ずかん)などを見て好きな魚の形にしよう。ペットボトルが切りにくい場合は、いちごのパックや、コンビニなどで売っているお弁当(べんとう)のふたを使ってもいいよ。

    残ったペットボトルを使って、おびれ、背びれ、胸びれなどを作る

2.ひれをつける

  1. ひれをボンド ウルトラ多用途S・Uクリヤーで、のペットボトルにつける。つけた後は、しばらくおさえておこう。

    ひれをボンド ウルトラ多用途S・Uクリヤーで、1のペットボトルにつける。

ページトップへ